• top
  • works
  • profile
  • contact
  • news



∞casafeのお知らせ∞WORKS


寒中お見舞い申し上げます。

カフェと作家や工房とのコラボでオリジナル食器を開発販売する

プロジェクト”casafe”が誕生しました。

山内デザインプラスは木製品のデザインと監修を担当させて頂きま

した。

詳しくは下記のサイトからご覧ください。

http://casafe-jp.com/


尚、仕事やライフワーク等は、フェイスブックにて詳しくお知らせ

していますので、そちらを見て頂ければ幸いです。

宜しくお願いいたします。
Date: 2015/01/18(日)


∞デザイナーズFILE2014掲載∞WORKS


「デザイナーズFILE2014」に弊社が掲載されました。

副題は、明日のモノ作りを追求するデザイナー128組の最新仕事

です。これまで業界専門誌や新聞等に私のデザインした製品が掲載

されたことはありますが、書店に並ぶ年間ガイドブックへの掲載は

始めてです。

5年前に大怪我をして休業した時、もうお終いかと思いましたが、

モノ作りが好きなので諦めずに続けてきました。

現在は、頑張っていれば必ず見ていてくれる人がいるものなんだな

と感謝の気持ちでいっぱいです。

春の息吹が感じられる3月、これを機に気持ちも新たに期待してく

ださる方々と企業のため、そしてこれから出会うであろう方々の希

望を叶えるため精進していきます。

こちらの本は、新宿紀伊国屋を始めとする全国の主要書店で発売が

始まりましたので、是非、手に取ってご覧ください。

宜しくお願い致します。





Date: 2014/03/10(月)


◆年末の御挨拶◆


今年も余すところ、三日となりました。

ふり返ってみると例年になく変則的な一年でしたが、その中で多く

の方々の生き様に触れおおいに刺激を受けました。

基本さえ押さえていれば仕事にも生き方にも方程式は無く、その人

らしく目指す方向に向かって精進している人が輝いて見えました。

来年はこれまでお世話になった方に感謝しつつ、新しいことに挑戦

していきます。

一年間、大変お世話になりました。

来る年が希望に満ちた年になりますよう祈ります。

なお、こちらの投稿はFBと連動させていますので、そちらも御覧く

ださい。

来年も宜しくお願い致します。

Date: 2013/12/29(日)


◆日本の民工芸品を訪ねて◆design watching21


美大を卒業して最初に勤めた企業が、陶芸家の富本憲吉氏の器のレ

プリカも開発していました。当時の自分から見れば民工芸品=古臭

いという印象で、あまり関心が持てませんでした。

ところが一昨年、奈良にある富本氏の記念館を訪問し、工房で作品

を目の当たりにすると、その完成度の高いデザインと存在感に圧倒

され考え方が変わりました。

個人で民工芸品を作る方、昔から脈々と続く産地でモノ作りに携わ

る方と日本の民芸品の産地は幅広く素材も様々です。

東京に流通しているものはその中のごく一部で、まだまだ始めて聞

く生産地があります。一時は途絶えており最近になって復興した窯

や、歴史はあってもその地域に後継者が僅かしかいない工房など、

時間を作り少しづつ訪ね作品と作者に会ってみたいです。

ただし山奥が多いようで車の運転ができないので、寝袋とキャンプ

用品を携えて行く覚悟が必要です。

ちょっと大げさかもしれませんが、今から楽しみです。
Date: 2013/09/05(木)


◆ご当地もののデザイン◆design watching20


ご当地ものの生活雑貨が想像以上に幅広いものであることに最近に

なって気付かされました。右写真は香川県丸亀市特産の”丸亀うち

わ”江戸時代から続く伝統的工芸品です。左は沖縄原産のヤシ科の

葉から作られた”くばの葉うちわ”葉を乾燥させて形を整えただけ

の野趣あふれる品ですが、この曲線フォルムが良くできており一般

のうちわより大きな風が来るし煽ぐ度に草の香りがして癒されま

す。丈夫かどうかは別として、これまで手をかけたものがベストと

いう価値観がありましたが、ご当地ものには頭を柔軟にさせてくれ

る魅力があります。いつか、うちわのデザインがしたいです。

観光地に行くと何処でも土産物屋が軒を連ねた商店街があり、ご当

地土産が所狭しと並んでいます。先日、訪問した那覇国際通りでも

そうでしたが、手頃なモノの中には日本ではなく海外で作られた製

品もあります。これから夏休みで全国各地に向かう皆さん、是非、

現地の気候風土から生まれた品や地元の方々が心を込めて作った本

物の”ご当地もの”をお土産にしてください。

作り手の顔が見える製品は旅から戻っても、見る度、使う度に嬉し

い気持ちになれます。

Date: 2013/08/01(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
Copyright Yamauchi Design + All Right Reserved.
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72