蛍手の丸紋様(1〜3個)を目印に日本酒の種類を当てる利き酒杯。又、蛍手の紋様は一つの杯の三カ所に施し存在感のあるデザインにした。
飲酒時の浮遊感を三ツ足と底脇の波状のカーブで表現したこともポイント。
波佐見焼。
A design of beautiful dots is semitransparent, and the way of making is called “Hotaru (firefly)”, whose technique is used at HASAMI ceramic ware in Japan.
Back to Top